街を楽しむ おでかけ
main

 今年も残すところあと10日ほど。皆さんは年越しの瞬間をどこで過ごすか、もう決めましたか?
 横浜の年越しといったら、何といっても横浜港に停泊している船が一斉に鳴らすあの「ボー〜」という汽笛ですよね!あの汽笛を聞くと、「あぁ横浜ってやっぱり港町なんだな」と実感できて、ロマンチックな気分になったりします。
 ということで、今回はカウントダウンが行われるスポットを中心に、横浜のおすすめ年越しスポットをご紹介します。外で新年を迎えたいけど、まだどこかは決めていないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!(※一部イベントは天候により中止となる場合がありますのでご注意ください。)

定番年越しスポットの1つ。大晦日は25時まで営業。例年、24時が近づくと来場者にクラッカーが配布され、年明けの瞬間は皆でクラッカーを鳴らしてお祝いします。1時で一旦営業を終了しますが、その後6時から8時まで初日の出鑑賞のためにオープンし、10時から18時まで元旦特別営業となります。

【URL】http://www.yokohama-landmark.jp

※カウントダウンは行われません。
横浜の年越しイベントの代表格でもあるコスモワールドの花火は、イルミネーション改修工事のために昨年に引き続き今年も開催されません。大晦日の営業時間は深夜3時までなので、コスモワールドで遊びながら新年を迎えることはできます。

【URL】http://cosmoworld.jp

赤レンガ倉庫ではここ数年で年越しの恒例イベントとなった「おしゃれHANABI」を今年も開催。MONKEY MAJIKの「Around The World」の曲とともに約1,000発の花火を打ち上げるなど、盛大な演出で大晦日の夜空を彩ります。年越しは花火を見たい!という方はぜひ赤レンガ倉庫へ。

【URL】http://www.yokohama-akarenga.jp

大さん橋ではカウントダウンコンサートと「初日の出までシアター」を2Fのくじらのおなかで開催。もちろん0時には船たちの汽笛の共演を屋上で聞くことができます(しかも屋上のみなとみらい側からは赤レンガ倉庫の花火も見えるはず!)。初日の出の予想時刻6:50まで色々な楽しみ方ができるスポットです。

【URL】http://www.osanbashi.com

マリンタワーでは今年も恒例のカウントダウンイベントを開催。展望フロアからは天気が良ければ赤レンガ倉庫や八景島の花火が見えるかも!?(展望フロアへの入場は24時で締切) さらに24時からはタワー全体がレインボーカラーにライトアップされる予定。横浜の年越しを盛り上げてくれます。

【URL】http://event.marinetower.jp

横浜中華街では例年、関帝廟横の中華学院と媽祖廟で年越しの奉納演舞が行われます。中華学院の方は「2016年歳次丙申年迎春カウント・ダウン」と題して、23時半から0時過ぎまで校庭で古典舞踊や獅子舞などの演目が催される予定。中華街の年越しは人ごみと爆竹でとても賑やかなのが特徴です。

【URL】http://www.yokohama-kanteibyo.com


©ajari on Flickr

八景島シーパラダイスの大晦日はオールナイト営業。今年は「ピスタチオ」「8.6秒バズーカ」など大人気お笑い芸人のステージをはじめ、特別イルカショーやニューイヤー花火など見所満載のカウントダウンイベントが開催される予定です。入場に特別チケットが必要なエリアがあるので、気になる方はお早めに。

【URL】http://www.seaparadise.co.jp

 さて、いかがでしたでしょうか。今回は取り上げませんでしたが、近所のお寺で除夜の鐘というのも、日本の伝統として趣深くて良いですよね。市営地下鉄も含め、大晦日の夜は電車が終夜運転しているので助かります。
 外でにぎやかに過ごす人も、お家でゆく年くる年を見ながら静かに過ごす人も、楽しく、清々しく新年を迎えたいですね! それでは「週末おでかけスポット」vol.11はここまで。皆様よいお年を!

タグ:,