家を建てる 住宅エリアタイトル
center02

現代的な住宅地に囲まれた意外な場所とは!?

 それが、歴博通沿いにあるこちらの公園。

#

#

大塚・歳勝土(さいかちど)遺跡公園

 ん?何があるのでしょうか。とりあえず中に入ってみましょう。

#

 緑がまぶしい林の中の小道を登るとそこに現れたのは・・
 

#

#

 竪穴式住居高床式倉庫!小学校の社会科見学以来かもしれません。ここ、お近くに行かれたきはぜひ寄ってみてください。いきなり弥生時代にタイムスリップした感じがして、大人でも興奮します。

#

 遺跡公園の道路向かいに、通りの名前にもなっている横浜市歴史博物館があります。古代から近世、近現代まで、横浜の歴史を解説した模型やパネルを展示しています。

 このあたりはちょうどセンター北とセンター南の中間地点なのですが、大型ショッピング施設はこのあたりにも展開しています。

#

港北みなも。ダイエーや蔦屋書店などが入居。

#

ルララこうほく。ヤマダ電機やニトリなどが入居。

 そしてそして、今回のクライマックスがこちら。

 センター南駅の方へ向かおうと、歴史博物館の前の横断歩道で信号を待っていると、道路の向こう側に何やら変なものが・・・

#

え!?

#

進撃の・・ではなく、都筑まもる君!

 「横浜七不思議」があったら間違いなく入りそうです。これの予算がどうやって下りたのか、詳しく聞いてみたいです(笑)。

 この交差点から都筑大橋を渡ってセンター南駅方向へ、歴博通に沿って向かいます。

#

 が、ちょっと長くなってしまうので、今回はここまで!センター南駅周辺は次回ご紹介したいと思います。
 センター北は初めて訪れましたが、イメージしていた通り、本当に住みやすそうで、住宅地として最適な環境になるように計画された街、という印象を受けました。ショッピング施設が充実している一方、視界が開けていて眺望が良かったり、緑溢れる公園が点在していたりといったバランスも魅力的なポイントかもしれません。

 「横浜住宅エリア紹介」第3回はここまで。
 次回をどうぞお楽しみに!

2 / 212
タグ:,