家を楽しむ おいしい生活タイトル4
lifeyard06_01

かぼちゃでつくる夏休みのおやつ

見た目も涼やかなかぼちゃのおやつ

 夏休みも半ばから後半戦に入りつつあって、そろそろ子どもたちとの時間も持て余し気味。子どもたちも毎日の自由な時間を持て余し気味。家でごろごろゲームばっかりしている我が子が気になったら、「おいしいおやつ、つくってみない?」と声をかけてみるのはいかがでしょうか。

 甘くて、カロテンやビタミン類が豊富なかぼちゃは夏野菜の代表選手。この、いま旬のかぼちゃをつかって、子どもたちと一緒に夏休みのおやつづくりに挑戦してみます。今回紹介するのは下の3種類のおやつです。どれもシンプルで手軽にでき、自然なかぼちゃの甘みと香りを楽しめますよ。

1. かぼちゃ白玉
2. かぼちゃ茶巾
3. かぼちゃアイス

【かぼちゃの下ごしらえ】
 3つとも、かぼちゃのマッシュを使います。まずは簡単にマッシュする方法をご紹介。

かぼちゃをカットするコツはテコの原理で。包丁の刃先を突き刺し、刃先を支点に柄に体重を掛けて切ると楽です。

小さく切ったかぼちゃをポリ袋ごとチンして、

タオルでしっかり揉むとかぼちゃのマッシュのできあがり。

 はい、では、まず冷やして美味しいかぼちゃ白玉からいってみましょう!

1. かぼちゃ白玉

 かぼちゃの黄色い色をいかした白玉(黄玉?)です。かぼちゃと白玉粉で簡単にできて、もちもちしたなかにほんのりとかぼちゃの香りを楽しめます。今回はタレにはちみつを使って、よりナチュラルな甘みを目指してみました。

【材料】
かぼちゃ 100g
白玉粉 100g
水 80ml
はちみつ 小さじ3
濃口しょうゆ 小さじ1

【道具】
ボウル、鍋

【つくりかた】

マッシュしたかぼちゃに白玉粉100gを投入。

手でこねこねします。

少しずつ水を入れながら練っていきます。

このあと海にいくので、早くも水着スタンバイです。

直径2cmくらいの玉にしていきます。ばらついてもOK。

ハート形とか雪だるまとか、自由につくらせてあげましょう。

熱湯に入れて茹でます。

しばらくすると浮いてきます。これがゆであがりのサインですが、今回はくぼみをつけていないので、気持ち長めに茹でました。

ゆであがったら氷水につけて絞めます。

水を切って盛りつけましょう。

はちみつとしょうゆを混ぜたタレをかけて、冷やしてできあがり。

つづいて、コロンとしたかたちが楽しい「かぼちゃ茶巾」です!

次頁>> 2. かぼちゃ茶巾

1 / 3123
タグ:, ,