街を楽しむ 横浜夜景散歩タイトル
daikoku_06

 「横浜夜景散歩」第6回は、『大黒ふ頭中央公園』をご紹介します!
 先日Facebookページの方にUPした、大黒大橋から望むベイブリッジの夜景の写真(320以上ものいいね!を頂きました。本当に有り難うございます)に「昔彼女と行ったなぁ」とコメントを書いて下さる方もいて、このあたりは読者の皆さんにとっても色々と思い出がある場所なのかもしれません。
 横浜出身の私(編集部員)は、近くの海づり公園には子どもの頃行った記憶がありますが、今回訪れる中央公園は初めてでした。では早速行ってみましょう!

圧巻のベイブリッジと対岸の横浜夜景。ただし!時間制限ありです。

 このスポット、夜景鑑賞のためには非常に良いスポットなのですが、時間制限があります。夜になると、公園の隣の道路が封鎖されて、海の近くへは車で行くことができません。管理している横浜市港湾局の方に問い合わせたところ、公園内のテニスコートやグラウンドの営業時間が9:00〜17:00となっていて、「それ以外の時間は基本的に公園内に立ち入らないようにして頂きたい」とのことでした。

 17時というと夏はまだまだ明るい時間なので、ここで夜景を見るためには秋も深まってから、基本的には冬しかない、ということになりますね。

ここが公園入口。

 ここから先は夜間は車で入れなくなります。
 この先に大黒ふ頭中央公園の中でも「西緑地」と呼ばれる場所があり、そこが目的地です。

 ちょっと怖いですね(笑) 夜閉まってしまうのは安全上の理由もあるかもしれません。
 そこに待っていたのはこの景色!

 「圧巻」です

 上の写真の中央に見える展望室のような部分、これがかつてスカイラウンジと呼ばれた場所でした。ベイブリッジの下はかつてスカイウォークと呼ばれる歩行者用道路になっていました。1989年のバブル真っ盛りの頃にオープンし、当初こそ賑わっていましたが、有料だったこともあり、その後は徐々に利用者が減少。維持費等による赤字が膨らんだことから、残念ながら2010年に閉鎖されてしまいました。

左手に見えるのは本牧埠頭。すごく綺麗ですね。

ベイブリッジを真下から見られるのはここだけかもしれません。

 橋の右側に移動してみましょう。そこからの景色も抜群です!

横浜土産の絵はがきに印刷されていそうな写真ですね。

 そしてそして・・・ここから見える対岸の横浜夜景は必見です!!

 この180度の横浜夜景が見られるのは大黒ふ頭だけではないでしょうか。海面に反射する色とりどりの光が本当に綺麗ですね!

 さて、中央公園を出て、すぐ近くの大黒大橋の方へ行ってみたいと思います。

大黒ジャンクション

 大黒大橋の上からはもっと綺麗に対岸の夜景が見えるのでは・・と思ったのですが、橋の歩道脇のフェンスであまり綺麗に見ることはできませんでした。しかし、Facebookにも上げましたが、ベイブリッジを振り返って見たこの夜景はやはり最高です!

 

 さて、いかがでしたでしょうか?
 ここは徒歩で来るのはちょっと難しい場所なので、車かバスで来られた方がよいと思います。生麦駅方面から大黒大橋を歩いて渡ってくることはできますが、25分〜30分近くかかります。
 あとは時間ですね。公園内の入場は17時までですので、残念ながら夏のあいだは夜景が見られませんが、11月頃から楽しめるのではないかと思います。
 ここでしか見られない絶景の夜景が見られるので、機会があれば訪れてみてくださいね!

 それでは次回をお楽しみに!

information

大黒ふ頭中央公園 西緑地

〒230-0054 神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭 (Google Map)
営業時間:9:00〜17:00
夜間は海沿い道路が封鎖されるので注意



タグ:, , ,