街を楽しむ 横浜夜景散歩タイトル
B2

「横浜夜景散歩」第3回は、『大さん橋国際客船ターミナル』をご紹介します!
このスポット、横浜出身者/在住者以外だと意外に知らない人も多く、ハマっ子としてはちょっぴり自慢できる場所でもあります(笑)。
また、竣工が2002年と、まだ13年しか経っていないので、昔から横浜に住んでいる方でも、もしかしたら特に行く機会が無くて行ったことがない、という方もいらっしゃるかもしれません。
ここの空間の魅力は実際に体感しないと分からないので、この記事でまずは写真で見て、もし魅力を感じたらぜひ行ってみて頂けたらと思います。

24時間開放されている屋上デッキ。そこから見える景色とは…

大さん橋は赤レンガ倉庫と山下公園のちょうど中間のあたりにあります。
最寄り駅はみなとみらい線「日本大通り駅」。地上に出て海の方へ向かうと、下の写真のように大さん橋につながる道路が見えてきます。

001_0001_5c

この先に大さん橋が・・・

001_0001_5c

入口が見えてきました。

001_0001_5c

右側に客船が停泊していますね。

001_0001_5c

左のスロープを上っていくと、屋上デッキに着きます。

ターミナルは1Fが駐車場、2Fが出入国ロビーやレストラン、イベントホール、屋上が24時間出入り可能な広場になっています。
とてもスタイリッシュな建築物ですよね。国際設計コンペによって選ばれた、イギリスの建築家グループによるデザインです。世界41ヶ国から660もの応募案が寄せられたこのコンペは、国内で行われた国際設計コンペとしては当時過去最大規模で、建築界では非常に話題になりました。

001_0001_5c

建物はバリアフリーになっていて、スロープが多用されています。

ではいよいよ屋上デッキに上がります。
そこに現れる景色とは・・こちら!

001_0001_5c

雨上がりで霧がかっていますが、それでも伝わってくるこの魅力。

001_0001_5c

ちなみに取材当日は赤レンガ倉庫の前でDREAMS COME TRUEのミニ野外ライブがあったため、赤レンガ倉庫のあたりが照明ですごく明るくなっています。

001_0001_5c

みなとみらいを正面に見て、向かって左の景色はこんな感じ。神奈川県庁と開港記念会館が見えます。

001_0001_5c

向かって右。海に向かって長いデッキが伸びています。

ここまで写真を見て感じてらっしゃる方もいらっしゃると思いますが、この建物は照明がすごく特徴的で格好いいです。
フォトジェニックな場所が沢山あります。

001_0001_5c

格好いい・・自分たちで撮った写真ですが(笑)

001_0001_5c

特にすごいのが、2Fへ続くこの屋内スロープのところです!

001_0001_5c

SF映画にでも出てきそうなこの雰囲気!ここはぜひ行ってみてください!

さて、いかがでしたでしょうか?
ここまでの写真は屋上デッキの中でも低い場所で撮ったものです。
さらにスロープを上ってもう少し高いところへ行ってみましょう!

次頁>>夜景を眺めながら語れる青春と憩いの場所

1 / 212
タグ:, ,